スポンサードリンク

プロフィール

kitio

公認会計士専門学校

クレアール会計士アカデミー資格の大原
資格の学校TAC
AXL
LEC
ICO
東京CPA
Wセミナー
専門学校選びは、各校に話を聞きに行ったり、教材を見せてもらったりするか、資料請求して、じっくり各学校の比較してみてください。

クレアールの本
監査法人リンク
会計士参考書籍
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


会計の人気ブログランキング
↓↓↓↓
人気blogランキングへ

現在、何位か確認してみてください。

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
財務会計(財務書表 応用答練1回)
財務会計(財務書表 応用答練1回

今回は税効果会計リース取引が試験範囲でした。

第一問

問一は、米国SFAC第六号の負債の定義に関連させて、繰延税金負債の負債性について。

問二 連結会社相互間の取引から生じた未実現利益に係る一時差異の特殊性を述べ、未実現利益の消去に係る税効果の会計処理を説明しなさい。

問三 繰延税金資産は将来減算一時差異が解消するときに課税所得を減少させ、税金負担額を軽減することができると認められる範囲内で計上するものとする理由を、貸倒引当金の損金算入限度超過額を例に説明しなさい。


第二問

問一 ノンキャンセラブルな取引として、「リース期間の中途において契約を解除できないリース取引及びこれに準ずるリース取引」これに準ずるリース取引とは?

問二 ファイナンスリース取引について、通常の売買取引に係る方法に準じて会計処理を行うとは借手側の会計処理を説明せよ

問三 ファイナンスリース取引に係るリース物件と同様の方法によることが望ましい資産をあげ、理由を説明せよ


反省

第一問の問二では、繰延法によることは、分かったのですが、一時差異の対象資産を保有側と未実現利益の発生側が異なる点の指摘を忘れた。

第二問では、問二の会計処理の説明がきちんとできなかった。簿記の処理をきちんと言葉で書けるようにしなきゃですね。


会計の人気ブログランキング
↓↓↓↓
人気blogランキングへ

現在、何位か確認してみてください。

スポンサーサイト


会計の人気ブログランキング
↓↓↓↓
人気blogランキングへ

現在、何位か確認してみてください。

財務会計(理論) | 【2005-12-24(Sat) 19:54:29】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
ここまで問題の内容書いちゃって平気ですか?(著作権とか。)
2005-12-25 日 04:03:17 | URL | paz #- [ 編集]
次は、もっと要約して書きますv-21
2005-12-25 日 10:10:30 | URL | 管理人 #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
RSSフィード
PR





レンズダイレクト は、医者の診断も不要で、コンタクトも安く、家用のメガネが2625円で購入できて、オススメですよ。






プレゼントキャンペーン中◆アフィリエイトの【アクセストレード】

JANet


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。