スポンサードリンク

プロフィール

kitio

公認会計士専門学校

クレアール会計士アカデミー資格の大原
資格の学校TAC
AXL
LEC
ICO
東京CPA
Wセミナー
専門学校選びは、各校に話を聞きに行ったり、教材を見せてもらったりするか、資料請求して、じっくり各学校の比較してみてください。

クレアールの本
監査法人リンク
会計士参考書籍
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


会計の人気ブログランキング
↓↓↓↓
人気blogランキングへ

現在、何位か確認してみてください。

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
私が予備校をクレアールにした理由
1.まずテキストが薄い!
財務会計(旧財表)で、200ページ、監査で150ページ企業法でも200ページぐらいでほとんど大事な所が網羅されています。
つまり、専門学校の講師の方がリスクを負って、取捨選択してくれてるのです。大手だと、膨大な資料を自分で取捨選択する必要があります。素人が絞るより、受験のプロが絞った方がいいのは当然です。
薄いテキストは何度も回転させることができ、記憶の定着率も良いです。大手予備校の資料に圧倒された方には、信じられないかもしれませんが。。。

2.計算科目は答練が少ない
早朝答練もなく、計算科目を何度も解き直しできる量です(簿記で、一時間問題全40問ぐらい)。

3.講師がいい
理論の財務会計は非常識合格法の考案者である石井和人氏。毎年薄いテキストながら、ズバリ的中を連発。
監査論は堀江氏。彼はワンワード方式と図を多様し、個人的には財務会計の石井氏よりも、分かりやすいです。企業法の石井氏は条文の趣旨などを丁寧に解説してくれて、資格の学校で苦手だった商法が得意科目にできました。テキストもま
とまってるし、特に短答対策テキストは図で知識整理でき、受験会NO1です!
経営学の馬場先生は予想が外れたら予備校講師をやめると宣言し、試験問題を毎年当てています。
理論は間違いなく、クレアールが最強です。

4.受講料が安い
クレアールは早期申し込みで誰でも25%オフになるし、受験経験者なら育英試験を受ければ、30~50%オフに出来ます。


クレアールのことをほめすぎですが、別に予備校に宣伝を依頼されたとか、ありませんから。みなさんに少しでもクレアールの良さを知っていただきたいだけです。

クレアールの公認会計士講座に資料請求すると
1.「働きながら一発合格」講演会DVD
2.新試験非常識合格法ガイダンスDVD
3.合格体験記 など無料でもらえます。








スポンサーサイト


会計の人気ブログランキング
↓↓↓↓
人気blogランキングへ

現在、何位か確認してみてください。

クレアール | 【2005-07-08(Fri) 15:48:02】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
コメント

リンクさせていただきます。
同じくクレアールに通うものです。
よろしくお願いいたします。
2005-07-09 土 00:27:31 | URL | itaru780123 #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
RSSフィード
PR





レンズダイレクト は、医者の診断も不要で、コンタクトも安く、家用のメガネが2625円で購入できて、オススメですよ。






プレゼントキャンペーン中◆アフィリエイトの【アクセストレード】

JANet


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。