スポンサードリンク

プロフィール

kitio

公認会計士専門学校

クレアール会計士アカデミー資格の大原
資格の学校TAC
AXL
LEC
ICO
東京CPA
Wセミナー
専門学校選びは、各校に話を聞きに行ったり、教材を見せてもらったりするか、資料請求して、じっくり各学校の比較してみてください。

クレアールの本
監査法人リンク
会計士参考書籍
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


会計の人気ブログランキング
↓↓↓↓
人気blogランキングへ

現在、何位か確認してみてください。

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
管理会計 H9 年
Q 固定予算における、予算差異と操業度差異の原価管理上の意味を説明しなさい。

A 予算差異とは、製造間接費の実際発生額と、これを管理する標準としての予算許容額との差額のことである。固定予算において、予算差異の中に管理者にとって管理責任に属さないものが含まれる。したがって、実際操業度が基準操業度に近い場合や製造間接費の大部分を固定費が占めている場合をのぞいては、原価管理上、予算差異の金額はほとんど意味をもたない。

次に、操業度差異とは、製造間接費の予定配賦額と予算許容額との差額のことであり、生産能力を遊休にしたために生じた無駄を意味している。よって、それは操業度の変化と無関係に発生する固定費から生ずるものである。ところが、固定予算において、予定配賦率の中に変動比率も含まれているため、操業度差異の金額は変動費を含んだものになってしまう。

したがって、本来なら生産能力の遊休部分を表す操業度差異も、予算差異と同じように、原価管理上あまり意味をもたないことになる。



役にたったら、投票お願いします
↓↓↓↓
人気blogランキングへ

現在は何位か確認してみてください。

スポンサーサイト


会計の人気ブログランキング
↓↓↓↓
人気blogランキングへ

現在、何位か確認してみてください。

管理会計 | 【2005-09-30(Fri) 20:54:26】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
RSSフィード
PR





レンズダイレクト は、医者の診断も不要で、コンタクトも安く、家用のメガネが2625円で購入できて、オススメですよ。






プレゼントキャンペーン中◆アフィリエイトの【アクセストレード】

JANet


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。